【小学生の子ども】勘違いしてない?必須化するプログラミング教育で学ぶこと

2020年の小学生プログラミング教育必須化で、小学生からプログラムを作れるようになる、と勘違いしている人が散見されます。プログラミング教育を受けたからといって全員がIT技術者になれるわけではありません。もう一度プログラミング教育で「何を学ぶか」を確認して、その意味を正しく理解しましょう。

目的は「プログラミングできる小学生」ではない!

2020年から導入される小学生のプログラミング教育必須化について、以下のように勘違いをしていないでしょうか。

  • プログラミング言語を学んでプログラムが作れるようになる
  • この教育を受けることで誰でもIT技術者になれる
  • 2020年からプログラミング教育が必修化になるからパソコンを買い与えなければならない

いずれも正しい認識とは言えません。2020年のプログラミング教育必須化では、小学生の段階からいきなりプログラミング言語を教えるわけではないのです。また、パソコンが必要なるという心配も必要ありません。余裕があればパソコンを買い与えても構いませんが、何が何でも絶対必要、というわけではありませんので安心してくださいね。

「では一体何を教えるのか?」と混乱することのないように、もう一度2020年のプログラミング教育必須化で規定されている、プログラミング教育の目的や狙いをご紹介します。

【小学校プログラミング教育のねらい】

  • 「プログラミング的思考」を育むこと
  • 問題を解決したり、よりよい社会を築いたりしようとする態度 を育むこと
  • 各教科等での学びをより確実なものとすること
>>未来の学びコンソーシアム「小学校プログラミング教育必修化に向けて」より

問題を解決するために、問題の本質を分析して、ひとつひとつ順番に解決していく過程を考えることは、プログラミング作成における基本的な思考方法です。この思考方法は、会る程度訓練することで身に付き、日常の問題を解決するときの考え方のコツともなります。このように論理的な思考力を身につけることで、各教科の学習内容をより詳しく理解できるようになることも、プログラミング教育のねらいです。

では、これらのねらいを達成するために、新学習指導要領では、どのような教育を規定しているのかを次に見ていきましょう。

2020年の小学生プログラミング教育必須化の概要


文部科学省の「小学校プログラミング教育の手引では、2020年から導入される小学生のプログラミング教育必須化の内容を、各教科の授業に組み込む度合いの高いものから順番にA~Fまで定義されています。そのうち、学校で行われるものはA~D、各教科(授業中)に実施される内容はA~Bです。このうち、成績とも関係するA~Bの内容をご紹介しましょう。

【Aの実施内容】

  • プログラミングを通して、正多角形の意味を基に正多角形をかく場面(算数 第5学年)
  • 身の回りには電気の性質や働きを利用した道具があること等をプログラミングを通して学習する場面(理科 第6学年)
  • 「情報化の進展と生活や社会の変化」を探究課題として学習する場面(総合的な学習の時間)
などの5つ

【Bの実施内容】

  • 様々なリズム・パターンを組み合わせて音楽をつくることをプログラミングを通して学習する場面(音楽 第3学年~第6学年)
  • 都道府県の特徴を組み合わせて47都道府県を見付けるプログラムの活用を通して、その名称と位置を学習する場面(社会 第4学年)
などの4つ

>>文部科学省「小学校プログラミング教育の手引(第二版)」より

これらの内容を見て頂くと分かる通り、授業の範囲内での学習内容はプログラミング的思考を学ぶとともに、各教科の学習内容をより深める内容です。

「プログラミング教育」と聞くとイメージする「パソコンに向かってプログラムをする」という学習はありませんね。このイメージに対応する教育は、CやDなど、教育課程以外での実践となり、成績の評価対象外になります。

小学生で問題解決能力を身につけて中学・高校でプログラミングを学ぶ


では、学校でプログラミング作成は学ばないのかというと、そういう訳ではありません。小学生で問題解決能力を身につけた後、中学および高校で実際のプログラミングを学ぶように、新教育指導要領には記載されています。

日本ではIT人材が不足することは以前から喫緊の課題です。経済産業省によると、2017年の調査では現在のIT人材数は約90万人ですが、約17万人が不足しているとの推計が出ています。IT力を身につけて、将来不足するであろうIT人材を確保することは、日本政府としても取り組むべき重要課題として認識しています。

プログラミングを実際に作成する際は、言語そのものを覚えることと、論理的な思考力・問題解決能力の両方が必要です。より基本的で身につけておくべきこれらの力を小学生の内から身につけておくことで、中学や高校でのカリキュラムでは言語や論理の組み立て方といった実践的な内容に進みやすくなります。

小学生で身に付けるべきはプログラミング技術ではなく論理的な考え方


2020年の小学生プログラミング教育必須化で定義されている「小学生で身につけるべき力」とは、端的に言えば論理的な考え方です。従来、日本は欧米に比べて論理的な力を鍛える教育が少ないと言われてきました。論理的な思考を働かせなくても、暗記すればどうにかなるという教育に見直しが入ったのだと考えると分かりやすいのではないでしょうか。

とても難しい問題でも、その中に含まれるもっと小さな問題に分解して、ひとつひとつ解決することで大きな問題を解決していく考え方は、まさにプログラミング的思考です。このような考え方を身に付けることで、社会生活でも自主的に考えて動けるようになり、プログラミングの習得も楽になる可能性が高くなります。

小学生の内からプログラミング言語を教えない理由は、プログラミングも暗記で切り抜けるといった勉強になってしまわないような配慮からかもしれませんね。

もう一度小学生のプログラミング教育必修化の内容を確認しておこう

小学生のプログラミング教育必修化の内容について紹介しました。なぜ必須化になったのかという狙いや、小学生では何を学ぶことを狙いとしているのか、また授業で学ぶ具体的な内容を網羅しています。言葉だけでイメージしていた内容とはずいぶん違うなあ、と感じたかもしれませんね。もう一度プログラミング教育のねらいを確認しておき、子供が求められる力を身につける方法について、改めて見つめ直してはいかがでしょうか。