国立大学との連携


千葉大学教育学部 副学部長
藤川大祐教授

「キャリア教育」というと、中学校などの職場体験学習というイメージが一部にあります。しかし社会はさまざまに変化しており、子どもたちには既存の企業で働くだけでなく、自ら課題を発見し、その課題を解決するビジネスを創造し、そのビジネスを持続可能なものにする仕組みをつくることが求められます。

 キャリア教育は、職業を中心に生き方について学ぶ取り組み。雇われる経験だけでなく、自分たちでビジネスをつくる経験が大切です。起業経験を中心としたキャリア教育の開発と普及は、これからの教育にとって重要な課題です。