【小学生の子供向け】小学生の英語教育が変わっていく!2020年までにするべきこと

2020年に小学校の英語教育が変わる?

2020年から小学校の学習指導要領が変わることが発表されていて、新学習指導要領には小学校5年生・6年生では算数や国語などと同じ時間の「英語」授業が追加されていることがわかっています。教育の低年齢化が進んでおり、小学生の英語教育へ国が動き出していることがわかると思います。

2011年からすでに「外国語活動」という英語の時間が必修になっていたので、多くの小学生がネイティブの外国人教師と楽しく英語を学習する時間が設けられていました。しかし、2020年に教科として英語が追加される場合、英語の項目にも評価がつけられてしまうので、今までの勉強に英語をプラスする必要があると考えられています。

この動きは、同じく2020年に変わるといわれているセンター試験変更の流れに大きく影響しており、私たちがよく耳にしていた「英検」の価値も低くなっていき、今後は四技能が問われる「ケンブリッジ英検」が主流になるともいわれています。

小学生が求められる英語「四技能」とは


小学生の英語教育を考えるうえで知っておきたいのが「四技能」です。四技能とは、日本が英語を学ぶうえで必要な4つの技能で、「Listening(聞く)」「Speaking(話す)」「Reading(読む)」「Writing(書く)」のことを指しています。

今までの日本は文法ばかりを勉強することが多かったため、書く・読むの中間の勉強が主流でした。しかし、実際に社会に出て活躍するときには、学校教育では習わない聞く・話す分野が必要であったり、英語の書類を作るほどの文法力を身につけられていないために、2020年からは本格的に四技能に特化した教育へ変更していくことが決まっています。新学習指導要領では、この四技能が成長できるようなカリキュラムに変更されています。

2020年に変わるセンター試験、小学校英語もこの四技能のために必要な処置だといわれています。CDを聞いて勉強する時間や、英語で会話する時間、長文を読んだり、自分の気持ちを英語で書くなどの力をつける学習に変わっていきます。

小学校英語の強み・弱み

“小学校英語の場合、犬のカードを見ながら「dog」とみんなで発音する、ということが一般的でしたが、新学習指導要領を確認すると「単語を書く」「文章を書く」「リスニング」といった中学校の英語のような言葉が並んでいます。つまり、今までの小学校英語と異なり、自分で文章を書くことまで求められていくことがわかります。

2020年以降の小学校英語の強みは、中学校に上がる前から英語に触れることで、知識の定着を行うことが出来るという点です。また、聞く・話すの技能を伸ばすために外国人教師が派遣されることも多いため、実際に英語に触れる機会が多くなるのは、今後の勉強面を考えると強みになると考えられます。

弱みとして考えられるのは、やはり学校教育なのでどうしても書く・読むの技能がメインになってしまうことが予想されています。

小学生から英語塾は必要か?


小学校からの英語塾への加入は必要だと考られます。新学習指導要領では英語の時間が35時間から70時間へ増えていて、約2倍になっています。通知表への反映もあるため、子供たちにとって大きな負担になることが予想されます。学校で始めて英語を習う5年生・6年生になるまえに英語に触れておくと、拒否反応などもなくスムーズに英語に慣れ親しむことが可能です。

現在、学習塾でも四技能に特化した小学生英語の授業を開講しているところも増えているため、英語塾に通わせる時にも選択が必要になりました。

  • NOVAやAEONなどの英会話と英文法が学習できる英語塾
  • 学習塾にある「小学校英語」のクラス
  • パソコンを使ったテレビ電話タイプの英会話教室

大きく分けてこの3つが存在します。

小学生のうちから英語を始める場合は「聞く」と「書く」ということに特化したところに入るのがおすすめです。新学習指導要領に変わったとしても、日本人の先生が教えてくれることになるので、耳を慣らすためにもネイティブ英語と触れ合う時間が必要だと考えられます。小学生のうちから英会話をやっている生徒はリスニングなどが得意になるというデータもあるため、小学生の英語ではネイティブの発音が聞ける、会話ができるものが必要になります。

また、新学習指導要領では、単語を書いたり、文章を書くという項目もあるため、現在の中1レベルの英語が必要になることが予想されます。そのため、ネイティブ英語とのふれあいだけでなく、文法面の補強も必要になってきます。学習塾や英語塾の文法クラスにも加入できるようであれば二本柱で英語教育に対応していくのがよいでしょう。

小学生から英語を勉強して備えよう

2020年に変わる英語教育に、不安のある家庭も多いと思います。小学校から英語が始まることで、中学校の英語が難化するともいわれているので、早めの対策をしておくことで、子供の将来につなげることが出来ると思います。新学習指導要領対策ではなく、将来を考えた英語教育を始めてみませんか?