【小学校中学年・高学年の子ども向け】プログラミングで成績が向上するって本当?

プログラムを学ぶ学習塾が増えているというのをご存知ですか?最近では、スポーツ系の習い事に加えて、幼少期からプログラミングを学ぶ子供が増えているのです。理論的な思考が身に着くため効果があるといわれていますが、実際はどうなのかをご紹介していきます。

プログラムとはどういうものか?

プログラムとは、物を動かすツールのことです。プログラムを直訳すると「予定表」になり、機械が●という信号を受け取ったら右に動いて、×の信号を受け取ったら左に動く、といういわば予定表を作っておくことです。簡単なプログラムであれば単調なものが多いですが、実際に大掛かりなのを作ろうとすると、プログラムが複雑に絡み合って、エラーが出ることも多いです。電気で予定表を作って機械を動かすというのが機械のプログラムです。

これを構築するのがプログラミングで、就職に有利だといわれていますが、実際に子供の頃からプログラミングに携わっていると、専用の言語を覚えることも大変ではないですし、最初は子供向けのソフトを使うので大きな心配もありません。

プログラムを学ぶ学習塾が増えている


インターネットの普及や、タブレットなどを一般家庭で使うことが増えている現代において、プログラミングを学ぶ学習塾が増えています。学習塾では、簡単なプログラムを作ったり、実際に物を動かすことが出来るので、スポーツや普通の勉強では身に付けられないものを、プログラミングを通して学ぶことが出来るので、人気が出ているのです。

<プログラミングを学ぶ学習塾で行うこと>

  • どのような機械を作りたいか自分で決めて、自分でプログラムを構築する
  • 実際に動かしてエラーを取り除いていき、きちんと動くまで自分でプログラムをチェックする
  • 実際に動いた機械を発表会で披露をしたり、プレゼンの発表会なども定期的に行っている
  • ロボコンにも参加して、周りの子供と切磋琢磨することが出来る

自分で決めたことをやり通すこと、さらにエラーが出てしまったときに、エラーが出なくなるまで根気よくチェックしていく必要があります。このように、他の習い事では学べない、実際に社会に出たときに役立つことを学ぶことが出来るのです。プログラムを小学生で勉強している人は、高校でロボコンの全国大会に出場する人も多いそうです。

プログラミングを習うメリット

筋道を立てて考えることが出来る

プログラミングの基本は筋道を立てることです。例えば、物を動かすためには電気を流す必要があり、電気を流すには…というように、順序立てて考えることが出来ます。子供は簡単なプログラムソフトを使いますが、基本は学べるので、将来役に立つと考えられます。

根気強くなる

何か壁にぶつかると、諦めてしまいたくなりますよね。プログラミングは小さなエラーが多く、諦めたくなるシーンは多いのですが、そういった壁にぶつかった時に自力で解決するという力を身に付けることが出来ます。そのため、諦めずに最後までやりきるという経験が子供のうちから体験することが出来るので、何か問題が起きたときでも自力で解決できるようになります。

プレゼンなどの発表の機会が多い

プログラミングは一人でコツコツ行うものですが、実際に発表する機会なども多いので、自分が作ったものを紹介する力を身に付けることが出来ます。それに相まって、自分がどのように考えているのかを伝える力も養われます。

達成感がある

最初は小さなロボットを作るところから始めます。だんだんとレベルアップしていくと、本格的なものを作ることが出来ますが、最初のうちは「プログラムで動くものを作った」という成功体験を得ることが出来ます。

このように、プログラミングを学ばないと身に着けられないことが多いので人気が高まっているのです。

プログラミングを習うことで「論理的な思考」が身に着く


プログラミングを学ぶことで論理的な思考が身に付けることが出来ます。プログラミングは右のランプを光らせるためにどうするかを考えるものなので、例えば「学校の成績をあげるにはどうしたらいいか」という問題に対して、自分で理論的に考えてどうやったら結果が出せるのかを考えて、実行することが出来ます。プログラミングを学ぶことで、実際の生活に役立つことが多く、勉強面でも効果を示していきます。このように、プログラミングは子供の成長の大きな手助けをしてくれるものなのです。

プログラムは学びの幅を広げてくれる

プログラムの学習塾が増えているのは、学びの幅が広がるからです。スポーツの習い事はあきらめない心、体力、身体を動かすことの楽しさなどを学べます。通常の学習塾では勉強の仕方を教えてくれるというのが一般的です。プログラムはその先の「自分で考える」という分野が発達するので、学びの幅が広がっていきます。子供の習い事で迷っている人は、ぜひプログラムを検討してみてください。