【小学生の子ども向け】習い事の費用事情!負担感は増加傾向に

「習い事の費用ってどれぐらい見込んでおけばいい?」習い事を始めるなら、確認しておきたいのがかかる費用です。小学生の習い事の月謝がいくらぐらいなのか、種類別と学年別にまとめました。その費用に対して、現在習い事に通わせている保護者はどのように感じているのかも紹介しますのでぜひご一読ください。

小学生になると習い事の費用は上昇!4年以上で急激に増加

ベネッセ教育総合研究所の「学校外教育活動に関する調査2017」によると、学校外の教育活動にかける費用は、小学生全体で平均15,300円です。幼児で3~5歳の平均は6,500円なので、約2.35倍と大きく伸びていることが分かります。

もう少し細かく見てみると、幼稚園の年中・年長から小学2年生までは、金額に大きな変動はなく、10,000円を少し超えた程度の支出です。中学年である小学3年生から本格的に習い事の費用が上昇します。

それでも小学3年生までは15,000円未満なのですが、4年生からは学習塾に通い出す子が増えて平均16,000円を超えます。子どもの習い事に必要な費用としては、毎月2万円ほどみておくと余裕がある状態だといえるでしょう。

【種類別】習い事の費用内訳


次に、習い事の種類別に費用の内訳を説明します。先ほどご紹介したアンケートでは、学校外の教育費について、以下の4分野に分けて集計しています。

  • スポーツ活動:水泳、サッカー、ダンス、体操教室など
  • 芸術活動:音楽教室、絵画教室など
  • 家庭学習活動:市販の参考書や問題集を使った学習、通信教育
  • 教室学習活動:英会話、学習塾、習字、そろばんなど

スポーツ活動にかける金額は、だいたい4,000~5,000円程度で、あまり大きい格差はありません。小学3年生がピークで5,100円ですが学年が上がるにつれて減少し、6年生では全学年で最低の4,100円となっています。

芸術活動の費用は、スポーツ活動の約半分程度に当たる2,000円前後で推移しています。小学校高学年になると費用が少なくなるという傾向は、スポーツ活動と同じです。

スポーツ活動と芸術活動とは逆に、小学校高学年になると増える費用は家庭学習活動と教室学習活動です。増加の幅は学習塾を含む教室学習活動が大きくなっています。金額的にも小学6年生の時点で家庭学習活動の3,100円に対して9,300円とちょうど3倍の費用です。

【学年別】習い事の費用内訳


それでは、学年別に習い事の費用内訳がどうなっているかも見てみましょう。低学年から中学年に入る段階で、家庭学習活動・教室学習活動ともに費用が増える傾向がはっきりと出ています。

スポーツ活動や芸術活動も増えますが、伸び幅は学習活動系に比べて控えめです。これは、小学3年生になると習い事を始める小学生自体が増えること、学習面で学校以外の活動が大幅に増えることを指し示しています。

小学3年生は、スポーツ活動に一番お金をかけている時期ですが、教室学習活動にかける費用がスポーツ活動と並び、4年生では逆転。以降はスポーツ活動や芸術活動が減少し、学習系活動の費用がどんどんかさんでいくようになります。

だんだんと勉強が難しくなってくる中学年以降は、勉強に力を入れるようになっていく様子がはっきりと分かる結果です。”

親の世帯年収と習い事にかかる費用推移と負担感について

保護者の世帯収入によって、習い事にかけている費用と負担感は異なります。2009年当時と2017年の8年間でどのような変化があったのか、その傾向を見てみましょう。また、保護者が子どもを習い事に通わせることについて、金銭面でどのように考えているのかもまとめました。

  • 2009年に比べて2017年は小学4年以上にかける習い事の費用が月約2,200円減少(保護者の年収も平均で約24万円減少)
  • 習い事の費用に対する負担感は増しているが、教育にお金をかける親も増えている
  • 習わせたい習い事があるが習わせられない原因に費用を上げる保護者が約4割と、費用が一番のネック

家庭の家計は少しずつ厳しくなっています。しかし習い事にかけるお金は苦しい中でも確保している保護者は多く、子どもの将来を優先している様子です。また「習わせたい習い事があるけれど、月謝が高いから諦めた」という保護者は約4割。費用面さえ何とかなれば通わせたいのに、と思う場面が多いことをうかがわせます。

小学生の習い事にかかる費用は月々約15,000円


小学生の習い事にかかる費用についてご紹介しました。ポイントについておさらいしておきましょう。

  • 小学生の習い事にかかる費用は月平均15,300円
  • 小学3年生まではスポーツ活動や芸術活動も活発だが、4年生以降では学習活動にかける費用が大幅に上昇
  • 小学6年生では、学習塾や英会話などの教室学習活動にかける費用は10,000円近くにまで上昇

小学生の前半では体力作りを重視し、まだ学習活動に関する習い事を始めていない子どもが多いのですが、小学生生活後半になると、学習面の習い事を強化していくという傾向がはっきり出ています。

これから子どもに習い事を、と考えておられる保護者の方は、現在の習い事事情と費用について参考にしていただければ幸いです。