【小学生の子ども向け】小学生の平均睡眠時間ってどのくらい?寝る子は育つは本当なのか

子どもの年齢が上がっていき、高学年になるにつれ睡眠時間が減ってしまうことがあります。習い事や学習塾などが睡眠時間を減らす要因になってしまうことがあるので、子どもが小さいうちは両親が管理してあげることが大切です。今回は、小学生の平均睡眠時間をご紹介するので、今の子どもの睡眠時間の見直してみませんか?

小学生の平均睡眠時間ってどのくらい?

日本の小学生の平均睡眠時間は8~9時間です。多くの子どもたちが、6時や7時に起床しているので、逆算すると夜21時から22時の間には眠っているというデータになります。

小学生にとって睡眠はとても大切です。子どもたちの成長に大きく影響する成長ホルモンは、眠っている間に分泌されます。また、成長ホルモンの分泌が多いのが夜22時から深夜2時なので、その時間帯に眠っている子どもは成長ホルモンを多く得ることが出来ます。「寝る子は育つ」という言葉があるように、睡眠時間が短い子どもは身長などの成長に影響があり、学習にも影響が出るようです。よく眠っている子ほど成績が良くなるというデータがあるほど、子どもにとって睡眠はとても大切なのです。

小学生も高学年になると睡眠時間が減りやすい


小学生の平均の睡眠時間は8~9時間ですが、実は学年ごとに差があります。小学校低学年の平均睡眠時間が9時間で、高学年の平均睡眠時間が8時間というデータがあります。年齢が上がっていくごとに、睡眠時間が減っている計算になります。高学年になると睡眠時間が減ってしまう理由として、学校の勉強も難しくなっていくことが挙げられます。学校から出される宿題の量も増えていくので、子どもたちにとっての負担が大きくなっていきます。

さらに、高学年から学習塾に入る人も増えていきます。中学校を見据えると、小学校5年生・6年生の勉強はとても大切になるので、学習塾での補強をしていくことが重要になっていきます。そのため、学校から帰った後に学習塾に行き、帰ってきてから学校の宿題をやってから寝ようとするとやはり睡眠時間が遅くなってしまう子どもが増えてしまうようです。習い事や学習塾は大切ですが、子どもの睡眠時間はあまり減らさない方がよいでしょう。どこで時間短縮をするかなどの計画を立てるのが子どもは苦手なので、小学生のうちは子どもの睡眠時間の確保は保護者がフォローする必要があります。習い事や睡眠時間の管理を心がけましょう。

睡眠時間を確保するには?小学生の理想の生活リズムとは


小学生の平均睡眠時間は8~9時間とご紹介しましたが、子どもの成長を考えたときの理想の睡眠時間は10~11時間だといわれています。つまり、平均睡眠時間がそもそも理想の睡眠時間を下回っているのです。睡眠が不足すると、記憶力や理解する力である認識力などが低下しやすくなります。睡眠時間をしっかり確保している人と、そうでない人の間には大きな差が出来てしまい、成績にも影響しやすくなります。また、眠い状態が続いているとモチベーション低下などにもつながるため、出来るだけ多くの睡眠時間を確保する必要があるのです。

小学生の理想の生活リズムは、7時に起きる子であれば22時、6時に起きる子であれば21時前には寝るほうがよいでしょう。低学年の場合は、プラス2時間出来るように早めに布団に入るように促すことも大切です。高学年の場合は、時間管理をすると保護者にも工夫が必要になります。学校から帰ってきてからすぐに宿題を行う、食事やお風呂は出来るだけタイムロスがないように促して、出来るだけ早めに布団に促す。高学年はやることも多くなっているので、夕飯を食べてからお風呂に入るまでの時間をテレビを見るのではなく、学校のことを実施させるなどの工夫が必要になります。学習塾もあまり遅くまで居残りさせずに、予習や復習は朝実施に切り替えて、成長ホルモンが分泌する時間はしっかり眠っていられるように気を付けましょう。

小学生の睡眠時間を減らすNGな習慣とは


小学生の睡眠時間を減らすNGな習慣をいくつかご紹介します。

(1)ドラマを見る

高学年になると夜21時からのドラマの意味が分かるようになってきて、アニメよりもドラマを見たがる子どもが増えていきます。夜のドラマは21時から23時頃まで放送していることが多いので、睡眠時間を減らしやすくなります。

(2)ゲームや漫画

テレビゲームや漫画などを読んでいると、気付いたら深夜になっていたということが大人でもよくありますよね。子どもの場合は楽しいことに忠実なので、ルールを決めて置く必要があります。1日2時間などのルールを決めることで、子供の夜更かしを減らすことが可能です。

(3)「早く寝なさい」と声をかけるだけ

睡眠時間が減る高学年は、親が監視していない状態でゲームをしたり、寝たふりをしてこっそり漫画を読んでいたりしがちな年齢です。睡眠が必要なこと、ルールは守るものだと親子で話し合い、しっかりと眠ったことを確認することも大切です。

小学生は睡眠時間の確保が大切

今回は小学生の平均睡眠時間と理想の睡眠時間についてご紹介しました。現在の平均の睡眠時間は理想の睡眠時間よりも少ないので、出来るだけ多く睡眠を取らせるように心がけていきましょう。睡眠時間が削られる場合は、習い事の取捨選択などが必要になります。保護者がしっかりフォローしていけば、睡眠時間を維持した状態で習い事や勉強をすることは可能ですので、ぜひ親子で話し合い、工夫して睡眠時間を確保してみてください。