【小学生の子ども向け】小学生の体力は二極化の傾向!家庭でできることとは

子どもの体力が、二極化しつつあることをご存じですか?本記事では、小学生の体力の現状を説明し、体力低下の原因をまとめました。将来を生き抜くための体力をつけるよう、保護者にもできる体力作りの意識向上策も併せて紹介しますので、お子さんの体力を見直すきっかけとして頂ければ幸いです。

小学生の体力は二極化が進んでいるという現状

現在、小学生の体力は二極化が進んでいると言われています。

文部科学省では、1964年から毎年子どもの体力および運動能力を調査して情報を蓄積しています。その内容によると、現在の子どもたちの体力状況は以下の通りです。

  • 子どもの体力・運動能力は、1975年までは上昇傾向にあったが、1985年低下に転じ、以降も低下傾向が続いている
  • 部活動などで日常的に身体を動かしている子どもの体力・運動能力は昔と大きく変わらない
  • 身体を動かしていない子どもは特に体力・運動能力の低下が著しく、体力・運動能力のある子どもと二極化の傾向

親の世代(1970年)と比べ、子の世代(2000年)は明らかに体力が低下しています。肥満気味の子ども増えてきており、生活習慣病が懸念される状況です。

体力の低下は、単に健康面での問題があるだけではありません。子どもの精神にも悪影響があり、結果として体力のない子どもは、根気が続かない、やる気が出ないという気持ちになりがちです。最終的には、その子ども自身の「生きる力」の低下を招く危険性もあります。

小学生の体力低下を招いている原因


子どもの体力低下を招いている原因について、主なものをまとめました。

  • 外遊びやスポーツの重要性の軽視など国民の意識の低下
  • 子どもを取り巻く環境の問題
  • 生活が便利になるなど子どもの生活全体の変化
  • スポーツや外遊びに不可欠な要素(時間、空間、仲間)の減少など
  • 就寝時刻の遅さ、朝食欠食や栄養のバランスのとれていない食事など子どもの生活習慣の乱れ

「身体を動かす」ということに対して、日本社会全体があまり重要視していないという現状は、多くの方が思い当たるのではないでしょうか。スポーツ系の習い事をさせることがあっても、外遊びの機会は親世代に比べてかなり減少していることを実感する保護者は多いでしょう。

現在は、外遊びに向いた場所がなくなりつつあります。そして、小学生全体が習い事などで忙しく、一緒に遊べる仲間もおらず時間もありません。生活も何かと便利になり、身体をあまり動かさなくてもいい方向へと社会全体も変わりつつあります。

小学生は、習い事や塾のかけ持ちやゲーム・テレビなどの時間が多くなり、就寝時刻も遅くなりがちです。夜が遅いと朝の目覚めも悪くなり、朝ごはんを抜く子どもが増えて生活習慣が乱れると、身体を動かす遊びをする気にもなれないでしょう。

このように、現代はあらゆる面で体力や運動能力を伸ばす機会が奪われている状態です。意識的にこのような状況を変えていかないと、体力が衰える一方になってしまいます。

この状況を少しでも改善し、小学生の子どもが体力を向上させるために、保護者としてはどうすればいいでしょうか。

家庭でもできる小学生の体力向上策


小学生の体力向上策として、家庭でもできる方法をいくつかご紹介します。

  • 週に1回以上家族と一緒に運動やスポーツをする
  • 家庭での生活習慣
  • スポーツに関する会話をする

まずは保護者自身が子どもと一緒に運動やスポーツをする習慣を始めてみましょう。習い事だけに体力作りを任せず、親子一緒に身体を動かしていると、運動に対して「楽しいもの」というイメージが付きやすくなります。

直接的に身体を動かす以外の方法もあります。生活習慣を整えるように導くことと、スポーツに関する会話をすることです。

生活習慣については、就寝時刻をせめて22時、できれば21時にして、8時間以上眠れるようにしましょう。そのためには、習い事の調整や、ゲーム、テレビなどの時間も就寝2時間前には止めるように習慣づけることが大切です。

また、不思議なことですが、親子でスポーツに関する会話を楽しんでいる家庭の子どもは、そうでない子どもに比べて体力が高い傾向にあります。スポーツに対する肯定的な保護者の言動が、子どもが運動したくなる気持ちを引き出すのかもしれませんね。

小学生に人気のスポーツ系習い事や地域のスポーツ活動参加で体力作り


もちろん、家庭でできることだけではなく、スポーツ系習い事や地域のスポーツ活動も利用しましょう。

スポーツ系の習い事で小学生に人気の高い「水泳」は、性別や年齢関係なく始められます。個人のレベルに応じたレッスンが受けられ、楽しめるような教室だと長続きします。また、地域のスポーツ活動として野球やサッカーのチームに入るのも良いでしょう。

また、有名なスポーツ選手の講演や、プロスポーツの観戦に子どもを連れて行くのも、スポーツをしたいという動機につながります。

スポーツや運動に対する良いイメージがつくよう、いろいろ働きかけてみてくださいね。

小学生からの体力作りが将来の健康を左右する

小学生と体力について、現状の問題と原因、対応策について解説しました。

現代の小学生は、親の世代に比べて外遊びがしづらい環境になっています。保護者でできることは、生活習慣をフォローすること。そして、「身体を動かすこと」に対して子どもがプラスのイメージを持てるように働きかけることです。

スポーツ系の習い事や地域のスポーツ活動は積極的に利用しましょう。可能なら親子でスポーツに興じたり、スポーツ観戦に出かけたりという働きかけもおすすめです。親子でスポーツに関する話を楽しむだけでも、子どもが運動に対して前向きな気持ちになり、体力向上にいい影響を与えます。

体力は、精神面の強さ、ひいては未来を生き抜く力にも影響を与えます。小学生のうちにある程度体力をつけていけるよう、ご紹介した情報を活用してくださいね。