プログラミング教育って本当に必要?その重要性を考えてみよう

2020年から小学校でプログラミング教育が必修化されることになりましたが、「そんな教育に意味があるの?」と疑問に思われる方も多いことでしょう。しかしプログラミング教育は今後子供たちの意識を変え、未来に根付く大切な基礎となり得る制度だといえるのです。

こちらではそんなプログラミング教育の重要性を知るために、その基本について今一度確認してみたいと思います。これからお子さんがプログラミング教育を学ぶという方は、ぜひチェックしてみてください。

プログラミング教育=プログラミング言語を覚えることではない!

「プログラミング教育」と聞くと、どのような印象を持たれるでしょうか。例えば以下のようなことを想像してしまい、その必要性に疑問を感じている人も少なくはないようです。

  • プログラミングに時間をかけるくらいなら、もっと重要な教科を勉強してほしい
  • 塾で勉強する時間が減るのは困る
  • 受験に関係ないのなら無駄
  • プログラマーになる子以外は関係ない
  • 必要な人だけが学べるように選択制にすべきでは?

特に「プログラミング教育=プログラミング言語を覚えること」と捉えている人は多く、無益な時間になるのではないかと心配する声が上がっています。

しかしプログラミング教育とは、決して専門的なプログラマーを養成するためのものではありません。むしろ子供の一般的な成長に関わる、基礎能力の育成を促進する制度です。特別な知識やスキルを得るのではなく、もっと人間の根底部分に影響する教育であることを、まずは理解していきましょう。

プログラミング教育が子供の基礎能力を育む!


上記で説明した通り、プログラミング教育の目的は、子供の基礎的な能力の育成にあります。具体的にはプログラミングの仕組みを知ることで論理的な思考方法を学び、自ら問題を発見して解決する力を得ることが目標となるでしょう。

コンピューターを動かすプログラミングの基本は
1、計画を立てる
2、具体的な方法を考案する
3、実行して成果を確認する
4、問題点を修正する
といった手順によって進められます。

これは一般的な仕事やコミュニケーションにも応用することができ、より高度な作業を行うためのきっかけになってくれるでしょう。子供たちがそれぞれ、自分が何をしたいのか、そのためにはどうすればいいのか、間違えたところはどう修正するべきなのか、といったことを考えられるようになれば、学校全体のレベルが上がるかもしれません。

このようにプログラミング教育の過程で習得できる「論理的思考能力」は、将来を大きく変える最初の一歩になり得るのです。だからこそ小学生の早いうちから、必修科目として学習するべきだといえます。

またプログラミング教育は、英語や数字を用いたテキスト形式で学ぶのではなく、見た目から理解できるビジュアル言語が使われる予定となっています。色や形といった違いからプログラミングの基本を学べるので、低学年でも授業に参加することは難しくありません。

「うちの子は授業についていけるのだろうか?」という人でも、安心できる授業形態になると予想できるでしょう。

将来的にプログラミング能力の有無が就職に大きく関わる


現在日本ではIT業界の人手不足が深刻となっていて、その対策が求められています。プログラミング教育はそういった将来の就職も意識した、重要な制度でもあるのです。

例えばプログラミング教育によって学校にICT環境(コンピューターなどの設備)が整備されることは、IT業界を一般的な会社として位置づけるきっかけとなります。小学校時代からそういった意識を根付かせることで、将来たくさんの子供たちがITへの道を目指すことになるのです。それはIT業界全体のレベルアップにつながり、延いては日本の大きな産業になる可能性が見い出せるでしょう。

プログラミング教育によって身につく論理的な思考や考え方は、IT業界で大きな役割を担う重要なスキルにもなります。今後社会でリーダーシップを取っていく人材を作るためにも、プログラミング教育の実装は必要不可欠だといえるのでしょう。子供の将来や就職のことを考えるのなら、両親もまたプログラミング教育への理解を深めていくべきだといえるのかもしれません。

「うちの子供はIT業界に進まないから授業は必要ない」という理論は通じない

今後はIT業界以外でも、プログラミング的な思考が求められる可能性は高いです。建築・教育・自動車を代表とした様々な業界で、今以上にITを利用しながらの仕事が当たり前となることが想像できます。プログラミング教育によって得られるスキルは、そういったさまざまな業界で活かせる汎用性の高いものとなるのです。

IT業界やコンピューターの仕組みに興味がない子供も、将来を考えるのなら少しずつでも学習を進めていく必要があります。今の時代に合わせていくために、小学生の頃から基礎を学べるプログラミング教育には積極的になっていくべきでしょう。

プログラミング教育を成功させるには両親の協力が不可欠!


プログラミング教育の重要性を解説してきましたが、将来的にその成否を分けるのは両親の協力にあると思われます。どれだけ学校の先生が努力して授業をし、子供がその学習に興味を持ったとしても、両親の態度がプログラミング教育に否定的であればその効果は弱まってしまうでしょう。

子供の自由な発想や思考を妨げないためにも、ぜひこの機にプログラミング教育に対する理解を持ち、できるならその学習をサポートしてあげてください。

【すぐにでもできる親側の取り組み】

  • 家庭で気軽にプログラミングを行い、学校での授業を復習できる環境が整える
  • プログラミング教育の概要を子供と一緒に学んでみる
  • プログラミング教育に関するセミナーやイベントに親子で参加する
  • 親も楽しみながらプラグラミングに触れてみる

プログラミング教育はこれからが本番!今のうちに準備を始めよう!

プログラミング教育の実装はこれからであるため、まだまだたくさんの不安や疑問を感じることになるでしょう。しかしプログラミング教育は決して見切り発車で行われる制度ではなく、きちんとした理論と理想を持った教育改革であるのです。

この機にその重要性を再確認して、2020年のスタートに向けた準備を始めてみてください。子供と歩幅を合わせて一緒に学んでいくことが、プログラミング教育で得られる効果を最大限に引き出すことにつながるでしょう。