プログラミング教育を軽視すべきではない3つの理由

プログラミング教育のスタートが徐々に迫ってきていますが、みなさんどれくらいの意識を持って学習に臨む予定でしょうか。新設教科でその重要性が疑わしいのは否めませんが、プログラミング教育を軽視することはおすすめできません。

今回はプログラミング教育を軽視すべきではない理由を、3つのポイントにしぼってチェックしてみます。

プログラミング教育は軽視されがち?

2020年から小学校でプログラミング教育が始まることは決まりましたが、どのような内容が実施されるのか、そしてどのような結果がもたらされるのかはまだ未知数です。そのため「とりあえず適当に聞いていればいい」「他の教科の邪魔にならない程度で」といった感覚で、授業に臨む子供が増えるかもしれません。

受験やその後の進路のことを考えるからこそ、そういった対応になってしまうのでしょう。しかしプログラミング教育を軽視するのはもったいないことであり、もっといえば危険な行為となる可能性があります。

受験科目ではないとしても、その他の教科と変わらない熱意で学び、そこから得られるスキルをきちんと手に入れておく必要があるでしょう。最初からしっかりと集中して勉強することができなければ、周囲の環境に後れを取るかもしれません。それは成長するにつれてより大きな差となっていくので、今の段階からプログラミング教育の重要性はチェックしておいてください。

プログラミング教育を軽視すべきではない3つの理由


プログラミング教育は、主に以下のような3つの理由によってその重要性が示されています。これまで新規授業の存在を軽視してきた人も、改めて3つの理由をチェックしてその大切さを再確認してみましょう。

基礎的な学習能力に関わってくる

プログラミング教育という名前に引っ張られて、「ただパソコンの勉強をする授業」と勘違いしている人も多いでしょう。しかしプログラミング教育は「物事を考える力」を養う教科でもあり、基礎的な学習能力に関わってくる重要な科目です。

その他の教科を学ぶ際にも役立つので、プログラミング教育を受けているかどうかがその後に影響を及ぼすことは十分に考えられます。特に小学生には「考えながら学ぶ」という能力が重要なものとなるため、プログラミング教育がもたらす恩恵は大きくなるでしょう。

プログラミングを学ぶという授業スタイルの本当の意味を理解して、ぜひ子供にその重要性を説いてあげるようにしてください。国語にしろ数学にしろ、問題解決を促す力を身につけるのなら、プログラミング教育が1つの近道となってくれるでしょう。

コンピューターのある環境に慣れることができる

プログラミング教育では、コンピューターの基礎的な知識や使い方を学ぶこともあります。それはコンピューターのある環境に慣れることにつながり、将来の勉強や仕事でつまづかないための予防となるでしょう。

昨今はスマホの台頭によって、パソコンのない一般家庭も増えてきています。そのためコンピューターに触れたことがない、操作方法がわからないという子供も多くなっているのです。

普段の生活においては問題ないかもしれませんが、ここまで社会にコンピューターが浸透した現在、最低限の使い方を知らないと将来困ることになります。例えば高校や大学でレポート提出したり、就職後に仕事のデータをやりとりしたりといった作業には、コンピューターの知識が必要です。不慣れなままそれらの作業を行うと、失敗やトラブルにつながることもあるでしょう。

だからこそ小学生のうちから、プログラミング教育で基礎的なコンピュータースキルを学んでおくことが求められます。「コンピューターなんて遊びでしょ」「なくたって将来には関係ない」と軽視せずに、しっかりと1つの能力であるという認識を持ちましょう。

素直に吸収できる時期を有効活用すべき

小学生という時代は、色々なことを素直に学べる貴重な時期であるといえます。だからこそプログラミング教育を実施し、基礎学習能力を育んでいくことが1つの理想となっているのです。

この機を逃すと、プログラミング教育から得られるメリットを吸収するのが、少しずつ難しくなる可能性があるでしょう。中学や高校の生徒に同じ内容を教えようとしても、小学生ほどスムーズな学習はできないかもしれません。特にプログラミング的な思考は学習全体の効率を高めることになるため、早いうちからの習得がおすすめされます。軽視してせっかくの学習機会を棒に振ることは、子供の将来に悪影響となることでしょう。

以上のことから小学校の授業にプログラミング教育が組み込まれることには、大きな意味があると考えられますね。

両親のプログラミング教育に対する態度は子どもに伝わる


上記の3つの理由が示す通り、プログラミング教育は決して軽く考えるべきではない教科だといえます。

しかし両親が「プログラミング教育なんてどうでもいい」といった態度でいるかぎり、子供は真剣に授業と向き合うことができません。

それは結果的に学習の効率を落とし、長い人生において大きなデメリットになる可能性があるのです。子供が伸び伸びとプログラミング教育を学べるように、この機に考えを改めてみてはいかがでしょうか。

プログラミング教育は、理科や算数といった教科の中に組み込まれることから始められるので、それほど多くの時間を求められることはありません。1つの独立した教科になるわけではないため、「子供の負担が増えるのでは?」という心配はいらないのです。むしろ最初の頃はその限られた時間を存分に利用できるように、家庭でも子供の積極的な学びをサポートしてあげてください。

まとめ

「プログラミング教育は他の教科と比べて重要度が低い」という認識は、今後変えていく必要があるでしょう。子供の将来を考えるのなら、プログラミング教育の大切さをきちんと理解して、軽視することのないように注意してください。

プログラミング教育は教え始めが肝心であるため、両親による献身的なサポートが大きな意味を持ちます。子供が楽しく学んでいけるように、一緒に学習内容や勉強した成果を確認していくことがおすすめです。