プログラミング教育を成功させるポイントは両親の理解!?

プログラミング教育が始まることは知っているけれど、「学校が勝手にやることだから自分には関係ない」と考えてしまってはいませんか。しかしプログラミング教育の成功には両親の理解や協力が不可欠です。

子供の将来を考えるのなら、プログラミング教育を最大限に活かすために両親として何をすべきか、どのような行動をとるべきなのかをこの機に確認してみましょう。

プログラミング教育は学校任せにするべきではない!


プログラミング教育は学校が主体となって行う授業であるため、子供の保護者として関わる機会は少ないかもしれません。しかしその学習内容を子供にしっかりと理解させるには、家庭でのケアが必要です。

なぜならプログラミング教育はまだ国内での実績がないため、子供たちに対してどのようなスタイルで教えていけばいいのか学校側でも不明な点が多いからです。だからこそ学校と保護者が結託して、最適な環境を一緒に考えていくことが必要です。

そのため今後は学校と子供だけでなく、両親もまたプログラミング教育の知識を身につけていくことが必要です。子供への上手なサポートと具体的な解決策の提示をするためには、とにかくその詳細を把握しておくことが肝心となるのです。

プログラミング教育を理解することから始めよう


プログラミング教育は親の世代には無かった授業であるため、その内容や効果をイメージすることは難しいです。だからこそ最初はとにかく知識として吸収し、詳細や今後の予定をチェックしていくことが求められます。プログラミング教育に深く携わるためにも、まずその制度を理解することから始めてみましょう。

例えばインターネットで情報を集めたり、関連イベントや教育者向けのセミナーに参加したりして、積極的に学んでいくことがおすすめです。新しい制度を理解するには、自分から歩み寄っていくことがポイントとなります。学校からの説明だけで満足せずに、気になる情報源にはどんどん接触していくといいでしょう。

子供たちはもちろんのこと、教える側である先生もまた、プログラミング教育には不慣れであると予想できます。
両親がそのあたりを理解しつつ、学習の概要にも精通していれば、学校とのスムーズな連携につなげることができるでしょう。

親子で話し合う機会を持つのも有効


プログラミング教育への理解を深めるためには、親子で話し合う機会を持つのもおすすめです。

実際に学校ではどのような教育が行われているのか、それに対して子供はどういった感想を持っているのか、そういった話を聞き出せればより制度の現状を知ることができます。それを学校へ伝えればより良い学習環境の構築につながるので、できる限り親子での会話は行ってみてください。

自宅でプログラミング教育について話す機会を増やすと、子供も自然と授業に関する悩みや困惑を相談しやすくなります。授業の挫折に対する備えにもなるため、保護者としては積極的に会話の機会を作っていくメリットは大きくなるでしょう。

頭ごなしに否定するのはNG

まだ具体的な授業イメージを持つことができないため、プログラミング教育について懐疑的になる親もいます。しかしその気持ちを子供に伝えたり、頭ごなしに否定したりするのはNGです。

両親はプログラミング教育を必ず受けることになる子供の立場を考えて、授業の存在や教育の意義を尊重してあげなければなりません。子供が伸び伸びと学習できるように、授業の理解を進めていくことが求められるでしょう。

それでも学校側の対応や授業の方法に疑問を持ったときは、遠慮なくその意見をぶつけていくべきです。どんどん保護者の声を取り入れていくことで、プログラミング教育は本当に良い授業となっていきます。何が問題となっていくかわからないからこそ、忌憚のない意見は貴重なものとなるでしょう。

まとめ

プログラミング教育を実際に行うのは教育機関ですが、その成否を決める一部は両親の手にかかっているといえるでしょう。そういった責任を全うするためにも、この機にプログラミング教育に関する知識を得て、理解を深めていくことがおすすめです。

両親の理解があれば、子供は素直にプログラミング教育の授業を楽しむことができます。子供の将来のためにも、まずは新制度であるプログラミング教育に歩み寄ることから始めてみてください。