プログラミング教育で将来の働き方が変わるかも?

プログラミング教育の必修化が決まり、先生や保護者はそのための準備に追われていることでしょう。でもなかにはその実用性に疑問を持ち、「無駄に勉強の種類を増やしているだけなのでは?」と感じている人もいるかもしれません。

しかしプログラミング教育は学校の授業で終わるだけでなく、その後の就職や仕事の現場でも活かされる可能性のある学習制度です。つまり、プログラミング教育の浸透度によっては、将来の働き方が大きく変容していくことも考えられるのです。

学習にわかりやすい意義を見出すためにも、この機にプログラミング教育と働き方の関係性を詳しくチェックしてみましょう。

プログラミング教育で得られるスキルは仕事に活かされる

プログラミング教育では、さまざまなスキルの習得が見込まれています。例えば以下のようなスキルが、子供の成長を促していくと期待することができるでしょう。

  • 問題解決に対するプログラミング的な思考
  • コンピュータに対する偏見や恐怖を取り除き、自由に扱う力
  • 効率を求めたより良いコミュニケーション

こういったスキルは学校生活ではもちろん、仕事の場でも活かしやすいといえます。特に海外展開やテクノロジーの進化によって今後複雑化していく社会形態においては、上記のようなスキルがその人を評価する重要な点となるかもしれません。

当然重要視されるスキルが変わってくれば、働き方にも変化が求められていきます。プログラミング教育で得られるスキルを有しているかどうかが、将来の就職を左右することだってありうるのです。

プログラミング教育を前提とした就職活動が始まる?


仮にプログラミング教育の成果が認められた場合、今後はそこで学んだことを前提とした就職活動が主流となる可能性もあります。できるなら現在の段階から、将来の就職活動までを考慮した学習を行う必要があるといえるでしょう。

特にIT業界や、コンピューターテクノロジーを使用する業界、アイデアや工夫が常に求められる業界においては、プログラミング教育が就職に大きく関わると考えられます。そういった業界への就職を望むのなら、意識してプログラミング教育を学んでいくことがおすすめです。

また海外への就職を考える場合も、プログラミング教育が大切なポイントになることは予想できます。既にプログラミング教育に力を入れている国も増えてきているため、国内での学習は必須となってくるでしょう。

もちろんプログラミング教育は基礎的な学びにも影響を与えるため、その他のあらゆる業種においても重要な要素となります。将来どのような職業に就くとしても、プログラミング教育で学べる知識は就職時のメリットになると考えられるので、子供と一緒に真剣に勉強していきましょう。

プログラミングを教える立場になる人も必要になるかも


2020年以降、小学校の学習にプログラミング教育が定着していけば、より専門的な教科となる可能性もあります。それは結果的にプログラミング教育の「専門家」を必要とすることにつながり、新しい雇用や仕事を生み出すことにもなりうるのです。

また直接教える学校の先生以外にも、塾講師や教科書を作る出版社など、関連する新しい仕事は色々と考えられます。
教科そのものの向上と共に新規の仕事が生まれる可能性があることは、プログラミング教育の大きな魅力となっているのです。

そしてもしそういった仕事が今後必要になるのであれば、企業が優先して雇用したいと思うのは実際にプログラミング教育を学んできた世代でしょう。特にそこで得られるスキルや学習内容に精通している人材は、積極的に採用する可能性もあります。

就職の可能性を広げることにもなるため、保護者はしっかりと子供にプログラミング教育を学ばせていくべきでしょう。小学生の段階では、今後どのような仕事に就くのかはたとえ両親であってもまだまだわからないと思います。だからこそ将来働き方が変わる可能性を見越して、そのための準備を進めておくことがおすすめです。

将来に関係する可能性があることは重々承知しておこう


小学生の頃に学ぶプログラミング教育なんて、将来にそれほど影響しないのでは?と思われるかもしれません。しかしプログラミング教育のポテンシャルを考えると、就職活動とその後の仕事にまで関わってくる可能性は決して否定できないのです。

基礎学習をサポートし、新たな考え方を見出すプログラミング教育は、将来の働き方を大きく変えることだってあるでしょう。それは国内だけでなく、海外もまた同じような変容を求められる可能性があります。今後世界とのつながりがより密接になっていくであろうことを考慮すると、プログラミング教育に力を入れるのは当然のことだといえるのです。

両親はそのことを重々承知して、子供の学習をサポートする必要があります。子供は授業そのものを面白いと感じることができても、その影響を自分の将来に具体的に当てはめることは難しいでしょう。だからこそプログラミング教育の重要性は、両親が子供に伝えてあげなければならないのです。

まとめ

プログラミング教育の理念や目標は、いずれ既存の働き方さえも変えていく可能性があります。子供の将来を考えるときは、そのことをしっかりと理解しておくことがポイントになるでしょう。

「プログラミング教育なんて必要ない」と否定するのではなく、将来の変化に合わせて積極的に受け止めていくことが大切となります。むしろプログラミング教育が変えていく今後の働き方に期待して、子供と一緒に将来のことを話し合ってみるのがいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です