スマイルゲームとは?

スマイルゲームは経営や経済、お金について楽しみながら本格的に学ぶことのできる教育用ボードゲームです。
対象年齢は10歳以上で3人からプレイ可能です。小学生でも分かるようにプログラムされているため、知識のない大人や高齢者、要支援者の方でも手軽に始めることができます。

スマイルゲーム開発の背景

子ども達が大人になる10年後の社会は、自身でビジネスを回す力が求められます。単純作業のための雇用は全てロボットに任せ、消滅する職種も数多く予想される中、自分自身でも収益を生めるよう副業を解禁する大手企業も増えてきています。

【リンク】「副業解禁」で壊れる日本の「カイシャ」(日経ビジネス)

ただそういった知識を机の上で勉強しても、子ども達は全く理解できません。しかし実践してもらうにはあまりにも難しい分野です。ここが教育分野で長年の問題でした。

ゲームを通じた疑似体験で経営を学ぶ


スマイルゲームはその溝を埋めるべく、ゲームを通した疑似体験によって実感を伴った経営学習をし、自分自身でビジネスを回す基礎力を育むための教育プログラムです。

ゲーム的な進め方でモチベーションを高める手法はアメリカのビジネス現場でよく使われていました。近年は教育的な効果も注目され、ゲーミフィケーション(Gamification)という呼称で盛んに研究がされています。

スマイルゲームを通じて学ぶビジネスの概念

社会の役に立つこと


ゲーム内では商品を売ると、お金と一緒に「スマイルチップ」というものが手に入ります。商品を買った消費者の喜びを視覚化するもので、これを多く集めることがゲームの目的です。
人と一緒に進めること


プレイヤー毎に強みが違うため、お互いの得意分野で協力し合うことが非常に大切です。その際にどう交渉すればお互い納得するかを繰り返し考えることで、深いコミュニケーション能力を養います。
失敗から学ぶこと


1回のゲームは1時間程度で完結しますが、繰り返し学ぶことが前提になっています。時には自分の会社が潰れてしまうこともありますが、なぜ失敗したかをよく考えて次に活かすことの重要さを学びます。

スマイルゲームを通じて学ぶビジネスの知識

授業には専用のテキストブックを使用します。ゲームで疑似体験をした後に知識を教えることで、実感を伴った知識としてすんなり吸収することができます。(イラスト:山里 將樹

テキスト目次(タップで詳細が出ます)

第1章 仕事をするってどういうこと?
  • 仕事
  • 商品
  • 顧客
第2章 うまく仕事をするには?
  • 商談
  • Win-Win
  • 強みと弱み
  • 業務提携
第3章 どうしたら商品が売れるの?
  • 市場
  • ニーズ
  • マーケティング
  • ターゲティング
  • 需要と供給
  • ニッチとメジャー
第4章 黒字にするにはどうしたらいいの?
  • 原価
  • 利益
  • 価格
  • 価格変動
第5章 会社ではお金をどうあつかうの?
  • 決算書
  • キャッシュフロー
  • 融資
第6章 会社ってどんな組織なの?
  • 株式会社
  • 会社の組織
  • 投資
  • 雇用
第7章 大切なおまけ
  • CSR
  • 事業支援
第8章 ワークシート
  • 振り返りシート
  • 会計記録
  • 会計表